TRAIN JAPAN

犬猫にとって必要な食事とは

フードの選び方

犬猫の身体のつくり

犬・猫の身体のつくりは、私たち人間とは違います

まずは犬猫の身体のつくりを理解してください


1歯・顎


犬猫のはは鋭く尖っています
顎は縦に大きく開きます

狩りをして、肉と骨を咬む、引き裂く、噛み砕く、そして丸ごと飲み込むための歯と顎です 植物等をすり潰すための歯はありませんし、顎が横に動かないため咀嚼する事は出来ません 獲物を狩り食事にする肉食動物のつくりです


2唾液


唾液にはアミラーゼ酵素が含まれていません

アミラーゼ酵素は、植物、炭水化物、でんぷんの消化を行うものです
私たち人間の唾液には、このアミラーゼ酵素が含まれています
しかし、犬・猫の唾液にはこのアミラーゼ酵素が含まれていないため、
炭水化物を分解する事が苦手です


3胃・消化器官


犬・猫の消化器官は単純で短いです
また消化時間も非常に短いです

この作りは、植物性の物資・炭水化物の消化に適していません
また腸は強い酸性になっているため、肉、内臓、脂肪を消化する事に適した肉食動物の身体の作りです 消化器官に負担をかけず、栄養を取ることが出来るのは狩りをして獲物を食べることです


犬・猫の身体は肉食動物 私たちとは身体の作りも食べるものも違います
犬・猫にどのような食事を与えれば良いのか?
答えは本来とるべき、身体の作りに合ったものを食べさせることです